良い税理士の見極め方

選び方のポイント

こんな点に注意をして良い税理を見極める

これから税理士と契約を検討している方は、どのような点を見て採用したり良いと判断するかその基準を事前に知る事が大事です。 税理士といったん契約をすると定期的に業務で顔をあわすので、相性を含めて自分の依頼したい目的にあった方を慎重に選びましょう。

税理士もサービス業

良い税理士の見極め方として、顧客の要望を聞く体制が整っている事務所かどうかです。 代表的な問題である節税や役員報酬について話ができたり、報酬がわかりやすい事そして迅速な対応がポイントになります。 お金に関わる業務なので、服装や態度から判断する方法は有効です。

色々な方法で探す

良い税理かどうか見極めるには探す方法ごとに注意をするポイントがあります。
一般的に税理士を探すには知人からの紹介やサイトで探す方法を使う方が多いです。
知人から紹介された際に契約をするかどうか決めるポイントは相性が自分と良いかどうかになります。

サイトで探す場合に注意すべきポイントは、税理士紹介会社もしくは個人のホームページなど、なるべく複数のサイトを見て検討する事です。
何名か候補となる方を選んで連絡をして対応を見ましょう。

自分が依頼したい内容が得意な方を選ぶのは大事です。
その他に料金が明確に提示されているかどうかで判断しましょう。
メールや電話での対応を確認するのは良い方法になります。
事務所んの規模やおおよその顧客数から、対応がきちんと出来ているか顧客の満足度を判断する事が可能です。

経験年数や実績を面談した時に測るのは大切なポイントになります。
年齢以外に大切なのは実際にどれくらいの案件の経験があるかです。

話しがしやすい相手である事は仕事を依頼する際に重要になります。
企業に対するコンサルティング能力が高い税理士は能力が高いです。
経営に関わる業務を委託する場合は、カウンセリングが可能な方が適しています。

面談した時の相性や費用面、そしてこちらの希望の業務が得意である事が良い税理士を見つけるポイントです。
一旦契約を結ぶと長い付き合いになるので、納得がいくまで面談を繰り返すなど慎重に選びましょう。

資格と保険加入

税理士の資格を持っている事と、税理士賠償保険に加入していてる方を選ぶ事でリスクを避ける事が可能です。 無資格の人を雇わないためには、契約をする際に税理士証票を提出してもらいましょう。 正式な税理士の資格を持っている方はこれが提出できるからです。