選び方のポイント

>

こんな点に注意をして良い税理を見極める

税理士を判断するのに直感は大事

面談をして税理士を決める前に、良い人物を見極めるポイントとして電話やメールの対応が速い事があります。
迅速に連絡を返してくれる方は、安心して仕事を依頼できるからです。

面談を行った際に、服装が清潔感がありきちんとしている方が信頼できます。
税理士がある意味サービス業である事を理解していると、服装に気をくばるからです。
実際に会話をしているなかで、自分との相性が良い事が重要になります。
決算期以外にも定期的に顧問として依頼をする場合には、特にこの点に注意をしましょう。

知り合いからの紹介だからといって、自分と相性が良いとは限らないからです。
複数の候補から話しやすい相手を探すのが見極める際のポイントになります。

税理士の資格の所有と保険の加入

良い税理士の見極め方に資格を取得しているかと、専用の保険に加入しているかがあります。
万が一の時のリスクを回避するには、契約前にこの二点を確認しましょう。

正式な税理士の資格がないと税務調査の立ち合いが行えなど、重要な業務に支障が発生します。
契約を交わす前にこの二点を確認するために、資格を証明する書類の提出をお願いするのは良い方法です。

この職種の方が加入できる専用の保険を契約しているか確認します。
この保険がないと、税理士が計算ミスをしていると余分の費用が税務調査後にかかる可能性があるからです。
業務やお金に関わるリスクを避けるために、誠実な税理士ならこれらを両方とも用意してるので判断の基準とすると良いです。