選び方のポイント

>

税理士もサービス業

税理士になる過程で得意な業務が異なる

税理士になるにはいくつか方法があり、この職業に就く基本的な方法は税理士の資格試験を受けて合格する事です。
公認会計士の資格を取ると税理士になる事が可能なので、中には両方の資格がある方がいます。
公認会計士の資格がある税理士は、監査実務を二年以上経験してるのでこの業務を任せる事が可能なタイプの方です。

税務署のOBだった方は租税や相続税そして所得税など前職で関わっている税金に関係する内容に詳しいのが特徴になります。
税務調査の立ち合いなどが必要な場合に、このタイプの方は業務を依頼すると心強いです。

この他にも大学院を卒業すると税理士の資格を取得する事が可能ですが、実務経験がどのくらいあるかが重要になります。

業務のために勉強をしているか

始めて税理士と契約をする方にとって、その相手が業務ために勉強をしている方化を見極める事がポイントです。
税制などの法律が変わったり、経済の動向を勉強している方は信頼が出来ます。

税理士の資格を持っているだけでなく、日々の業務の合間にいかに勉強をして顧客の利益になる情報を持っているかが重要です。
経験があり年齢がある程度いっている方で、勉強をおこたっていると業務が円滑に進まない可能性があります。

特に経営のカウンセリングなどを行う場合は、経営や経済についていつも新しい情報を積極的に取り入れている方が大事です。
契約する際の判断基準は年齢や経験以外にいかに業務に役立つ勉強をして知識が豊富かがポイントになります。