選び方のポイント

>

資格と保険加入

コミュニケーションがとれるかどうか

コミュニケーションがとりやすい方である事が、良い税理士であるかどうかの見極め方のポイントです。
質問をしたい時や相談したい時に、いつでも気軽に連絡が出来る方だと顧問契約やスポットでの依頼をしやすくなります。

特に長期間の契約である顧問として迎える場合には、相性がよく話しやすい方が適しているからです。
同世代だと気軽に相談ができるので、ある程度年齢の近い方から選ぶのは良い方法になります。
世代が異なっていてもコミュニケーションがとりやすい方なら候補にすると良いです。

この職種はサービス業でもあるので、人間性が合う事は選ぶうえで大切になります。
円滑にコミュニケーションが取れる事が良い税理士の見極めるポイントです。

適正な費用の提示

相場から判断して適正な費用の提示をするのは、良い税理士を見極めるために重要です。
極端に高い見積もりを出したり、明確でない方は避けた方が良いでしょう。

業務内容とそれにかかる費用が適正であるかどうかは見積もりで分かります。
決算書を作成する見積もりと作成しない場合の見積もりの二種類をお願いすると良いです。
この見積もりの作成を嫌がる方はあまり良くないと言えます。

税理士は税金や経理の専門職であり、契約に関するおおよその相場があります。
サイトなどで相場を調べておき、あまりかけ離れてない事がチェクの基準になるのです。
会社に所属している方と個人だと、利用するために必要な費用が異なるので条件を合わせて判断をします。